ホーム > mixiユーザー(id:179961) > mixiユーザーの日記一覧 > 漫画のメモであります

mixiユーザー(id:179961)

2018年05月18日04:38

32 view

漫画のメモであります

すーぐ忘れるので、経過を追いたい面白漫画をメモっておく。

・マイホームヒーロー
http://yanmaga.jp/contents/myhomehero
山川直輝原作、朝基まさし作画。

朝基まさしが好きなのだ。

この人のヒット作は原作付きが多いので(というかほとんどそう)、ストーリーテリング的な能力にはもしかしたら欠けるのかもしれないけど、どのキャラクターにも暖かみがあり、くすっと笑えて、時には考えさせられるこの手腕は本当に大したものだと思っている。

原作を読んだことがないし、別の人が作画したものを見たわけじゃないから比較はできないんだが、原作の魅力を引き出せる人だと信じて疑わない。ただの勘で。
サイコメトラーEIJI、でぶせんなんかもお気に入り。

しかしこの話は、今までのちょっとクスっと笑える方向性や社会派の問題提起ものとはまた違う。
平凡なサラリーマンがある理由から殺人を犯し、その犯人を始末せんと追ってくるヤクザ相手にミステリ好きという自分の特性を生かして妻とともに丁々発止、息詰まる頭脳戦、攻防戦を繰り広げるというサイコサスペンスなのだ。

これが本当に「息詰まる」という言葉そのもので、主人公がとにかく数え切れないほどの窮地に陥り、そのたびに何とかそれを打破する繰り返しなので、無意識に息を止めてしまい何度も大きく息をついてしまう。はらはらしっぱなし。
伏線が細かく随所に張り巡らされているので、それを追うだけでも一苦労だ。

殺人を犯したことはもちろんすごく悪いことなのだが、この主人公の場合は本当にやむにやまれぬ理由であり、殺した相手も一点の曇りもない超超ド悪人。
タイトル通りマイホーム、というか自分の娘を守らんがための行動なので「ヒーロー」と呼ぶことに何の差支えもない。

しかし、結末が確定しないことには安心して話を追うことができない。
万が一にもこのお父さんが不幸に陥るようなラストなのであれば、腹が立ってそれ以降読めないと思う。それほどまでに感情移入してしまう。
なるべくチラ見でザーッと話を追っているので、早くうまいこと決着がついてほしいとただ願いながら読んでいる。


・あなたがしてくれなくても
http://webaction.jp/anataga/
ハルノ晴

セックスレス夫婦のおはなし。

これはなかなか感想の言いにくい種類の漫画だと思う(結婚してたら特に)。
セックスの欲求や頻度、夫婦生活のありように正解はないし、これ系の話になると自分の私生活にも触れることにもなりかねないので。

ただ、公式サイトにある
「不倫、ダメ絶対」のこのご時勢に、まちがいなく一石を投じる作品!!!!!
という感想には「?」と思うところがある。
あるから私なりの感想を書いてみる。

この主人公の夫婦は、仲が悪いわけではないがもう2年もの間セックスがない。
主に夫側からの拒否によるもの。
誰でもいいわけじゃなく、夫である陽としたい妻のみちはあの手この手で夫婦生活の復活を試み、香水を買ってみたり、泣き落としで迫ってみたりとできる限りの工夫をするのだが、すべて肩透かしに終わる。

夫には疲れてる、お前に色気がないのがいけない、そこまでしたいのか、性欲が強いのではないかとまで言われ撃沈。
ついには交尾するハエにまで羨望のまなざしを向ける始末。
(この夫は夫で、妻の欲求にこたえられない自分に歯がゆさを感じ、妻だけに立たないEDなのではとひそかに悩んでいるのだが)

そんな折、同僚の既婚男性・新野に酔った勢いでセックスレスのことを打ち明けると、うちもそうだと寂しく微笑まれ…

という展開。
まあ予想としては今後この新野さんという人と不倫関係に陥るんですかね。
タイトルからして、
「あなたがしてくれなくても」
だし。
あなたがしてくれなくても…ほかにしてくれる人はいる
あなたがしてくれなくても…もう平気になった
のような言葉が続くのは容易に想像できる。

まだそうなっていないが、優しくみちの話を聞いてくれる新野さんに対し夫はみちにとことん冷たく、今現在も拒まれまくっているこの状況ではいつそうなってもおかしくなさそう。

これが正直、もっと年のいった夫婦なら、あるいは子供はいいかなという夫婦であるならそれもありだと感じたと思う。
夫婦仲は悪くないし、外で欲求だけ満たせたら家庭円満。
そんな形だって、夫婦が容認しているのならいいと思う。

でもこの夫婦の場合、まだ若いんですよね。
しかも子供が欲しくないわけではない(拒んでいる側である夫もだ!)。
姑から孫コールも(主にみちに)来ている。
夫の年齢はわからないが、みちはまだ32歳なのでそれも自然なことだ。でも、原因がなくては結果も生まれない。

どれくらい本気なのかにもよるけど、妻側の子供が欲しいという気持ちが強いのなら、そして話し合ってもやはり妻を抱けません、でも子供は欲しいよねという夫であるのなら、不倫相手に一時癒してもらうよりも、夫を断ち切るほうが先なのでは?
とどうしても考えてしまう。

ここで下手によその男に(しかも既婚者に)息抜きさせてもらって、その夫と関係できない夫婦関係をずるずる続けてしまうことは、いたずらに時間を浪費して自分の可能性を自ら投げ捨てる危険性が高いと思う。

仲が悪くないのに離婚する必要がある?
という向きもあろうが、やりたくないばかりに夫が妻を悲しませるような言動にばかり走っている現状では、仲が徐々に悪化していくのは目に見えている。
他の作品で、
「今日も拒まれています(ポレポレ美 著)」
https://comic.k-manga.jp/title/29601/pv
というコミックエッセイがあるのだが、こちらも夫側からの拒否によるセックスレスの実態を語ったもの。
この夫は結局浮気に走っていた結果のレスだったのだが、陽と同じく妻が原因だから、妻のせいで抱けないのだ、自分は悪くないという弁解に走る。
これで「仲がいいまま」の状態が一体いつまで続くのだろうか。

子供がいるとか片方が専業主婦・夫とかだと問題は複雑化していくけど、この夫婦は共働きでお互い自立しており、離婚を阻む要素は少ないと言える。

不倫ダメとは言わないが、この場合の不倫は問題先送りにしかならないのであまり得策ではないだろうというのが私の見解だ。
なので、不倫ダメに一石とかそういう事じゃないと思う。

とりあえず結末が気になるので追っている作品。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する