ホーム > mixiユーザー(id:17119814) > mixiユーザーの日記一覧 > カンニング?

mixiユーザー(id:17119814)

2016年11月21日06:27

132 view

カンニング?

今度は将棋の話題。三浦九段のスマホ不正疑惑だ。対局中、終盤戦で10分以上の離席が
多いから、その間にスマホに入れた将棋ソフトで次の手をカンニングしているのではない
か?という指摘が複数の棋士から挙がったということらしい。

んでもって結果的に、三浦九段は今年いっぱいの対局停止処分となったわけである。この
問題だけど、まず最初に三浦九段が本当に不正をやっていたのかどうか、ということだ。
ここが一番重要なところだが、曖昧なままである。はっきりとシロともクロとも断定され
ていない。にもかかわらず処分だけは下したという格好になっている。

週刊誌とかの暴露記事によると、三浦九段は竜王戦の挑戦者に決定していて、タイトルホ
ルダーの渡辺竜王が連盟に挑戦者の変更を要求した、ということになっている。その記事
によると「不正疑惑のある棋士と指すつもりは無い。タイトルを剥奪されても構わない」
と強硬な態度で要求したとされている。

現在のところ、不正を告発した側は不正を裏付ける証拠を提示できていない。世の刑事裁
判では有罪を決定づける証拠が出せなければ、それは無罪ということだ。このまま行けば
将棋連盟および渡辺竜王は、確たる証拠も無いままに三浦九段を対局停止処分にし、竜王
戦タイトルマッチの挑戦権を奪ったということになる。こいつは裁判による賠償請求沙汰
になってもおかしくない。竜王戦七番勝負の対局料は1千万円を超えるから。

それにしてもこの一件による将棋界のイメージダウンは計り知れない。連盟の対応のまず
さもそうだが、何よりも一般の良く将棋を知らない人にとって、スマホが示した手にプロ
棋士が負けちゃうんだ〜、という印象を持たれてしまったな。

0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月21日 07:31
    どうなんでしょうね。

    まず、事実関係が私なんかには分からない。
    知り合いの棋士に聞いても、きっと事実は分からない。

    週刊誌の記事は本当かも知れないし、煽りネタが入っているかもしれない。
    文章には書かずに前後の記事で思い込みを誘うのはよくある手口。
    まあ、なんといっても日本の週刊誌ですから。

    李下に冠を正さず、プロ棋士としての行動としてはどうなんだろう。
    一般人の場合とは事情が異なりますよね。

    古い話だと、競輪に行きたいから早く指してくれと頼んだ棋士も居たとか。
    嫌いな棋士を昇段させないために、その棋士のライバルにワザと負ける
    棋士も居たとか。
    まあ、ロクなもんじゃない棋士たちの時代もあった。

    まあ連盟の人達は一般人と世界が違うから・・・

    でも、真面目にやっている棋士達が可哀そうな気もします。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する