ホーム > mixiユーザー(id:16012523) > mixiユーザーの日記一覧 > 武道随感  剣道と薙刀、ついでに柔道も経験ある僕が言っておきますが

mixiユーザー(id:16012523)

2017年12月07日21:59

362 view

武道随感  剣道と薙刀、ついでに柔道も経験ある僕が言っておきますが

 このニュースで驚きなのは、『薙刀が勝つ』ということがニュースになったことである。今までは『剣道が勝つ』ということの方がトピックとして取りあげられていたものだ。これは察するに、乃木坂46の『あさひなぐ』効果というべきものなのか?

 ともあれ、基本的には『剣道vs薙刀』の試合というのは、基本的には『薙刀の圧倒的有利』なのです。

 一つにはリーチの長さ。もう一つは、薙刀では有効打突部位だけど、剣道ではない『脛』の存在。この二つの条件で、剣道は薙刀相手では、自身の間合いに入る前に防御慣れしていない脛を打たれる、というケースで負けるのが常道でした。剣道経験者の僕が薙刀をやる前に、薙刀をやっていた奥さんと向かい合って書いた日記を抜粋してみます。

『 そもそも薙刀と剣道では、有効部位の数が全然違う。薙刀が左右、正面の面、両小手、両胴、両内脛、両外脛、咽喉と有効部位がもの凄く多いのに対して、剣道では左右面を余り取る傾向になく、小手と胴も多くは右に偏っている。突きを加えても剣道の主な有効部位が4ヶ所なのに対して、薙刀では12ヶ所! これは大きな違いである。特に脛の攻撃は剣道では皆無なため、多くの剣道家がこれに敗れるという。

 以前、奥さんに付き合って薙刀の受け太刀をやってみたことがあるのだが、その攻撃は左右上下に変幻自在、上に振りかぶっているのに下に攻撃が飛び、左右の攻撃は視界の外からやってくる。おまけに長く使うことも短く使うことも可能で、間合いを詰めても対応され、こちらからは打ち込めない遠間からでも攻撃はくる。実際、対峙するとこれほど厄介な相手はいない。
 さらに言えば、自分が使う側になってみると、長い武器なだけに身体で振らないと自由に扱うことができない。つい腕の筋肉だけで振りがちな剣に比べると、必要とされる体裁きは実に精妙さを要求される。 』

 で、その後、僕は薙刀家になったのですが、薙刀は『長い』武器であるにも関わらず、いや、そうであるがゆえに『力で振らない』武器なのです。幾つかの誤解に見られるように、『遠心力で振る』のも間違いです。遠心力のような力は、筋力を必要とするので薙刀を振るのに必要な「速さ」を出せません。

 長物を振るというと、バットを力任せに振り回す…みたいな力感を想定するのかもしれません。が、実際にはそれでは薙刀は振れません。薙刀とは、『重くて長いものを、軽く速く扱う』ことが要求される武具です。では、重くて長い薙刀をどう扱うのか?

 重い物というのは、身体から離して扱うとより重くなります。逆に言うと、「身体に近づける」ことで対象を軽くするのです。実は、これは柔道でも同じ原理です。薙刀は「身体に着ける」ように扱うことで、長い物を『軽く」扱います。

 条件のことだけを考えると、リーチが長い薙刀が勝つのは当たり前…と、簡単に考える人がいるかもしれません。けど、それも理解不足です。実は薙刀を自在に扱うのは、非常に精妙な技術であり、極めて難しい技術です。少なくとも、バットだったら誰でも相手を頭にめがけて振り下ろせますが、薙刀は目指した場所に振り下ろすだけでも非常に難しい技術を要することだけは忘れてはいけません。

 話を『剣道vs薙刀』に戻しますが、実はこれには既に、非常に有名な歴史的な事実が存在します。再び、僕の以前の日記から抜粋します。

『 明治の初め、薙刀の達人に園部秀雄先生という方がおられた。園部先生は本名は秀子というのだが、異種試合のときなど相手が女性とわかると勝負を断られるというので、「秀雄」を名乗っていたという。
 園部先生は榊原鍵吉の撃剣興行を見て「これこそ自分の進む道」と思い定め、榊原健吉に弟子入りしたという。榊原鍵吉は直心影流の達人で、現在でも薙刀界では制定型を学んだ後は、直心影流や天道流の型を学ぶことになっている。余談だが榊原鍵吉は大東流合気柔術の武田惣角も一時期弟子入りしていたという。

 さて、この園部先生だが、高名な剣道師範や剣術師範を相手に異種試合をし、なんと負けたことがなかった。剣道を少しでもやったことがある方なら、少しは判るだろう。剣道上段者に負けたことがない、というその事態の異常さを。
 今でも園部先生が型をやっている映像を目にすることができるが、先生のお弟子さんの侯爵夫人の薙刀使いですら、その早さに目が追いつかないほどである。ちなみに現在でも異種試合の交流というのは続いているのだが、今でも薙刀と剣道の試合では、俄然、薙刀の方が勝率が高いのである。 』

 園部先生の動画を貼っておきましょう。


 念のために、ですが。園部先生は薙刀を振ってる方じゃありません。薙刀を振ってるのは、お弟子さんで、剣を振ってるのが先生です。こういう型の際には、上段者の方が取られる側を努める、というのがあります。

 ここまで古くなくても、現代は便利な時代になったもので動画の資料は転がってます。


 何処でやったものか判らないけど、これは2−1で薙刀チームが勝った試合。次鋒戦以外は薙刀が勝ってるけど、薙刀に対して剣道側が、じっくり間合いを見て戦おうと思ったりすると見事に脛を打たれてしまうのが判ります。剣道の次鋒の人は、間合いを潰して薙刀の戦いをさせなかったところに勝機がありました。

 剣道側が勝った動画も貼っておきましょう。


 これは現代の薙刀高校生女子と、剣道の対決です。注意してほしいのは、薙刀女子側が「一級・二級」などなのに対し、剣道側は完全に有段者、最高で「四段」まで出てることです。武道経験者なら判るかと思いますが、「級」の人と、「有段者」というのは全く違います。けど、ここではこれで対等の勝負、ということくらいです。

 しかし、剣道の人が薙刀の有段者に勝てない、ということを言ってるのではありません。事前にその攻撃特質を知って、ちゃんと対策を練れば剣で薙刀に勝つこともできると思います。僕のように、剣と薙刀の双方をやって人間なら対策も練れます。ただ、初見勝負なら圧倒的に薙刀が有利、というだけです。

 付言しておきますが、『実戦なら』『真剣勝負なら』という想定にも言及しておきます。

 薙刀家というのは、常に『懐に手ぬぐい』を入れます。これは手ぬぐいが『懐刀』の代わり、と教えられます。先ほどの古流の動画の型の五本目、剣の側は接近してきた薙刀の側の薙刀を奪います。しかし薙刀の側はそこで、すかさず懐刀を取り出し相手の喉につけるのです。

 そもそもですが、戦国時代の戦場において、もっとも有効に敵を倒したのは『弓』でした。近接戦より、遠距離から仕掛けた方が相手の軍勢に打撃を与えるのに有効だったのです。この遠距離の武器の次に用いられたのは、『槍』です。

 槍は横並びなった歩兵が頭上に振り上げて、敵兵を「叩く」ようにして使うことが主でした。相手の急所を突く、なんていう精妙な技術は足軽では使いようもない技術です。そして薙刀というのは、それ以上に精妙な訓練を必要とする武器です。乱世の主武器になるには、難しすぎる武具でした。

 では『剣』は、戦場における主武器ではなかったのでしょうか? 現在の研究では、『主武器ではなかった』と言われます。むしろ剣は、『相手を倒した後に、首を刈るのに使われた』という見解もあるくらいです。けど、僕はそこまでは思ってはいません。

 最古の剣術流派・天真正伝香取神道流は、戦国の世が始まる少し前に創始されてます。香取神道流の開祖、飯笹長威斎は、勝負を挑みに来た者を、『柔らかい笹の葉の上に乗って、その精妙さを見せつけることで、勝負以前に相手に負けを認めさせて返した』という逸話が残っています。

 剣、というのは、既に精妙な域に達して、しかもある種の「精神的な高さ」を持った術技でした。ちなみに香取神道流は、剣術だけでなく、薙刀その他の武器術を有した総合武術です。戦場で戦うということは、『武器を選ばない』ということです。得意不得意などは言ってられません。より有効な武器を、その場にあるものを使ってでも生き延びることが、戦場での原則です。

 剣も主たる武器の一つだったと僕は考えてます。ただ、剣を持つ場合でも、『懐刀』を持つ、というのは基本的な装備でした。古流柔術の型では、相手を倒した後には、必ず懐刀を出すという事が型に含まれてます。それが当然の装備だったのです。

 対薙刀において、『実戦だったら、接近して倒す』というのは、その意味でも無意味な想定です。また「実戦想定」で『弓』を持ち出すのも、一対一の戦いでは必ずしも有効ではありません。弓はつがえるのに時間があり、ある程度の距離なら剣や薙刀側が距離を詰めてしまいます。

 また『薙刀を踏めばいい』という見解も、その速さを観たことがない人の意見だと言っておきましょう。そもそもですが、ちゃんと脛を狙った薙刀は、安易に踏める高さにはありません。

 『実戦なら』という想定は、こういう競技においては無意味な想定です。精妙な技術をちゃんと使える側が強い。それだけの事です。武器の有利不利は確かにありますが、それを克服する術も存在します。

 こういう異種試合では、「どっちが強い論」ではなく、双方の精妙な技術を見るのがいいと僕は思うのです。その双方とも、汗を流して稽古して、考えて練習した証がそこにあるからです。
 


なぎなた女子、剣道男子を降す
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=4892893
18 34

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月07日 22:55
    最後まで拝読させて頂きました。
    武道に無知な者でして、この様な奥深い世界があるのだと知る事が出来ました。
    動画もあってより解り易かったです。
    ありがとうございました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月07日 22:58
    武道にとてもお詳しく、また実践されているのですね。
    日記の内容、とても興味深く、勉強になりました。

    自分は、大学時代薙刀部に所属していました。
    うちの大学は体育の授業に薙刀があり、部もありますが…いかんせん弱いです。
    大学から始める人が多いからですね。
    3年半かけて、全くの初心者から2段までなんとか頑張りました。

    社会人になってからは、職業柄練習や試合の参加が難しくなり、今は県の連盟にも所属していません。
    でも、家で休みの日には、型(演技試合)の練習や、大学の授業で習った、天道流の古流の型など練習しています。
    せっかく機会があって習得したので、忘れないように。

    大学時代の大会や、学生連盟の合宿に出てみて思ったのは、優れた使い手の方は、やはり打突部位の正確さ・体さばきの素早さ・薙刀の扱いのうまさ…が、私のようなキャリアの浅い選手と全然違うってことですね。
    ニュースより失礼致しました。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月07日 23:00
    ニュースから失礼します。
    武道夫婦、恰好いいですね。

    1930年の動画、手前の人が園部先生だと思ってました。最初見ててゆっくりで演武のようで、古いからかなと思ってました。本試合じゃなかったからですね。懐刀の手ぬぐいは見えないのでちょっとわからないです。ここまで古いと音が出ないのは仕方のないことでしょうか、ちょっと残念です。おそらく映画もサイレント時代でしょうね。

    薙刀と剣道、ルールのない戦場だと力量が同じ両者ならどちらに分があるかと言うとそちらの文を読むと薙刀のように思えますね。
    それでも合戦のような左右前後に敵がいるような状態だとどうなるのか…。

    以前TVで米国が武器について論じてた番組がありまして(米国の番組を日本が放送してました)、銃を除く武器はどれが1番良い(強いとか有利とか)か、と言う論で、そのポイントとなるのが「携帯のしやすさ、使いやすさ、習得のしやすさ、攻撃力」でしたね。その中で1番だろうと結論づけられたのが日本刀でした。「腰に帯びて両手がふさがらず素早く抜け上手下手はあれど誰でも使える」と言う理由です。三節棍は携帯しやすく攻撃力も高いですが扱いが難しく下手くそは自分が怪我をするという理由で日本刀より良くないとされてました。こんな感じで他の武器も日本刀より下にされてましたね。最も日本刀だって修得は時間かかるでしょうけどとりあえず振り回して当たれば鉄だからそれなりにダメージあるし上手くいけば切りつけられるし、と言う事だったと思います。

    同じような米国番組で「1番戦闘で強い職業は何か」で、結論は忍者でした。忍者大好き米国らしいと思います。因みにその時代はナルトはまだありませんでした。

    それと昔読んだ戦国時代漫画では生き延びる1番の武器は「逃げ足」だそうです。ウッシッシ

    長文失礼しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月08日 08:32
    以前のオフで槍の人と二刀で組手したけど圧倒されたのをよく覚えてます。
    長物有利というのは警備関係のお仕事されてる方もよく言われてますし解っていても中々難しいですよね。

    現代剣道で間合いの不利を埋める足捌きとかは(あくまで私は…ですが、)練習したことがないしそもそも他の得物を相手取ることを考えて練習される方は少ないのかな?とも思います。

    ハルカさんのように両方を学ばれてその特性を知る方の視点は興味深いですね。良い勉強になりました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月08日 12:14
    なぎなたVSフェンシングでやってほしいですわーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月08日 21:08
    > mixiユーザー 
     
     お楽しみいただけたら幸いですw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月08日 21:08
    > mixiユーザー 

     二段はキャリア浅くないですよw 大したものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月08日 21:10
    > mixiユーザー 

     懐刀の手ぬぐいは見えないところにあります。習ってなければ判らないことですw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月08日 21:11
    > mixiユーザー 

     特に足捌きというか、薙刀側は距離をとって戦いたがるので、薙刀側勝利の動画の次鋒戦のように、追っかけていって接近し、離れ際の技とか出すと有効ですw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月08日 21:12
    > mixiユーザー 

     『一度外したら』という条件を入れるのを忘れてました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月08日 21:13
    > mixiユーザー 

     フェンシングのルールは「触る」だけでも一本になるので、リーチの長い薙刀になお有利な気がしますw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月08日 21:46
    > mixiユーザー 
    知り合いでアーチェリーやってる友人が矢で近接戦闘私より上手にやっていた…と言う事実もあるので「実戦」では弓の近接戦闘も怖いと思うのが私です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 02:36
    > mixiユーザー 

     弓がシビアな武器で、戦場において最も殺傷力の高い武器だったことは最初に言及してます。けど、僕は『一対一の戦い』で、『ある程度の距離なら』と書いてます。どんな状況であれ弓が最強、というのなら、……まあ、そう思っておけばいいのではないでしょうか。

     あなたは弓と宝蔵院流をお使いとプロフにありますが、他人と向き合って自由攻防戦をやった経験がおありなのでしょうか? 据え物と、自在に動くものを相手にするのでは全く状況が変わります。また剣道が『平和な時代にしか繁栄しない』というのは、逆に剣道に対する理解がない上、他の武術を学んでる方に対して失礼ではないでしょうか。剣道は確かに真剣の戦い方から外れ竹刀競技に陥ってる面はありますが、八段戦ともなるとそれは真剣戦の様相を呈します。そちらこそ、知らない事には言及しない方がよいのではないでしょうか。

     ただ、弓に関しては僕の知識が未熟だったことは認めます。とても、勉強になりました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 07:54
    > mixiユーザー 

     なるほど、自由攻防も経験アリの方だったのですね。これは失礼しました。しかしそれでなお、『100%』を断言しますか……まあ、そういう見解なのですね。判りました。

     しかしだとしたら、なおさら八段戦の世界をご存じないのはもったいないことです。YOU TUBEで「剣道 八段戦」とかで検索してみたらいかがでしょうか。それを見て何も感じなければ……まあ、それだけの事だと思います。僕からは特にこれ以上、何も言うことはありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 07:56
    > mixiユーザー 

     あ、見落としてました(爆)w いや、僕は「必ずしも有利とは限らない」と言ってるだけで、「近接戦に持ち込めばまず勝てる」というつもりもないんですが。薙刀がそうであるように、『実戦』を想定するなら相手だって懐刀を持ってる前提ですし。しかし、雪那さんは色々やってるなあw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 08:50
    > mixiユーザー 
    勿論そうですよね。そもそも弓の人が柔を使わないとも限らず踏み込んだらぶん投げられた…なんてのもあり得る話ですし。
    一対一の実戦では流派の優劣より個人のスペックがどうしても出ちゃいますよねー。ってハルカさんの話を肯定したつもりでした(笑)

    私の場合、知人に変わり者が多いですしね。
    拳銃もホルスターに入っているところから抜いて撃つまでナイフの敵が5m程度だと詰めてくるってのは一般論でよく言われますが、ホルスターごと撃てば足がサイト代わりになって正確に早く撃つこともできるしステップバックしながら撃つ技術もありますからね。
    和弓も確か走りながら射る技術や受け身を取りながらその流れでつがえて射るなんて事もできるそうですから色々見てみたいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 09:20
    > mixiユーザー 

     受け身取りながらつがえますか! ほう、そういう技術があるんですね、凄いなあ。いやあ、やはり弓に関しては不勉強だったかな。そっちも研究が必要ですね。やはり、どの武技も奥を辿ると深いものですねw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 11:27
    > mixiユーザー 
    あー、なるほど。粗の知り合いはそれで目隠ししたま射る練習とかしていたわけですね。
    と言うことは遊ぶときはアーチェリーやらミニボウ持ってたけど和弓が本分の人間だったのかもしれませんね。それともアーチェリーでも競技じゃないそういう流派やっていたのかもしれませんね。
    興味は尽きないですがさすがに体と時間とお金が足りません(笑)
    勉強になるコメントありがとうございます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 11:31
    > mixiユーザー 
    極論で乱暴な言い方をするなら、素手で殴るのも色々あるし、武器となったら更に得物の種類から使い方までいろいろありますからね。
    全部体験したいけどそれは無理なので、こう言う話を聞ける場所も貴重ですよね。
    取り敢えず、最近は徒手中心なのですが、今度会ったらハルカさんとグラップリングもやってみたいです(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 14:27
    > mixiユーザー 
    楽というか、楽しいです(笑)
    今後も必死で遊び続けたいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 14:52
    > mixiユーザー 
    最後に不勉強な私に教えてください。
    「人口の少ない武術は楽ですね(笑)」
    と仰ってましたが合気道より大人数の和弓の流派ってどこですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 15:15
    やはり、なぎなたや槍のように、長い物の方が先に当たりやすいですよね。
    「剣道三倍段」の話も、素手の柔道や空手よりも得物が先に届くからと言うのもあるでしょう。

    なぎなたで、遠心力を使う技は相手にバレやすいです。体と一体化して、体捌きを切っ先に伝えると言うイメージでしょうか。


    以前にも述べたことがありますが、剣道VSなぎなたの異種試合、剣道側が「打突後の体当たりでお相手を翻弄するのは、お相手に失礼、あるいは汚い勝ち方」と考えてるフシがあるような気がします。
    掲載の動画、あまり確認しておりませんが、審判全員を剣道サイドの方、体当たりからの引き技等を多用してよいとなると、もう少し違った結果になることもあるかなと考えています。

    剣道との異種試合で、ほとんど負けたことがなかった園部秀雄先生が、カラクリ手品のような乳切り木との異種試合で負けたことも、考えさせられます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 15:22
    > mixiユーザー 

    人数ですよね。
    Wikipediaの抜粋です。
    「合気道界で最大勢力の合気道統括組織であり、日本国内100万人・世界全体で160万人ともいわれる合気道人口の8割を占める。」
    と言うことですので128万人位でしょうか?

    で、改めて聞きます。
    何人ですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 15:30
    あ、他人任せも悪いと思って自分で調べてみました。またWikipediaですが(笑)
    「競技人口 編集
    平成27年度の全日本弓道連盟への登録人口は、約14万1,000人である」

    なるほど。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 15:37
    > mixiユーザー 
    はぁ(笑)まぁ人口の少ない武術は楽ですね(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 15:40
    > mixiユーザー 

     そうですね、やはり剣道vsなぎなたになった時、剣道は男性陣、なぎなたは女性陣がほとんどなので、体当たりをなぎなたではやらないという申し合わせもあり、剣道側が封印してくれるんでしょうね。なぎなたでは引き技があまり一本にならないのに加えて、体当たりを加えた上で実行するとなると、結構、崩されたところに一本取られる確率が高いように思います。

     園部先生の乳切り木の件や、山岡鉄舟の負けた相手も確か変則的な相手じゃなかったですか? やはり初見で見慣れぬ相手と対峙するのは恐いですね。武人として油断は禁物、禁物(どこに対してだ?)w
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 16:13
    > mixiユーザー 
    あ、それ見てみたいです。是非とも出展をURLで教えていただけませんか?

    あと、日本以外の数字、世界的にはどうなんでしょう?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 16:25
    > mixiユーザー 
    あと、総合格闘技は流派弓どう数えれば良いんですかね?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 16:39
    > mixiユーザー  及びall
    え?私は合気道と総合格闘技してるので一応人数両方調べようかと思ったのですが?

    まぁ、総合格闘技がダンスに見える位の世界が弓にはあるんですね。これ以上お話ししても多分、私も得られるもの無さそうだしお疲れさまでした。戦ってくれるなら歓迎します。交流会でお会いしましょう。

    そういえば、ハルカさんともそれでもお会いしたのが初めてでしたね。長々日記で遊んじゃってすいませんでした。
    他の方も気を悪くされてたらすいません。ちょっとコミュニケーション濃緑のリハビリしたかっただけなんです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 17:15
    知識と経験があるのがわかるのに人のページでドヤ顔で「こっちの方が上だぜ〜相手がわかるまで説き伏せるぜ〜」みたいな残念な人がい
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 17:19
    残念な人がいるなぁと思いました。いやだからどうと言うわけじゃないですけど。知らない世界を読んで楽しくはあったので。すみません途中間違いで送信されてしまいました
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 18:12
    > mixiユーザー 

     同感です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 18:16
    > mixiユーザー ハルカさん
    す…すいません。(泣)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 23:55
    > mixiユーザー 貴方の事ではないのでお気になさらずどうぞあせあせ

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する