ホーム > mixiユーザー(id:15090832) > mixiユーザーの日記一覧 > 所詮は男と女、同じ種族で有るけれど…

mixiユーザー(id:15090832)

2018年06月13日00:38

62 view

所詮は男と女、同じ種族で有るけれど…

■「授かり婚」の二児の父、人生やり直しを計画 「価値観合わない」を理由に離婚できるか
(弁護士ドットコム - 06月08日 10:42)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=149&from=diary&id=5146466

所詮は男と女、同じ種族で有るけれど“違う生き物”なのです。
好きなモノも違えば嫌いなモノも違います。

そんな違う生き物が共同生活を送り家庭ってモノを営み種族を繁栄させて行くなんて無理な挑戦をするのです。
上手く運営するには“折り合い”と言う名の互いの妥協が必要なのです。

しかし“授かり婚”ってのは、男女の折り合いが着かないまま子孫繁栄の責務を背負う事に為るのですから“不満が続発する”のは当然の事なのです。

それでも、極稀に上手く行っている夫婦を目にしたり聞いたりする訳ですが今のご時世で“授かり婚”が珍しく無くなったにも関わらず“上手く行っている夫婦”と思っている本人達は殆どいないと私は考えて下ります。

それは、男性側の母性が強く無ければ“家事(子育てを含む)”は仕事の終った後の残業の様なモノと捉えている事にあるのです。
会社で仕事をこなし、疲れて帰る家庭では自堕落に寝転がってバカなTV を見ながら笑う事も許されず“家事”を仰せつかる訳です。
家事をこなして夕飯食って時計を見れば23:30を回った辺り、明日も会社でバカな上司に顎で使われ横柄なお客に頭を下げるのかと思うと録ってあったドラマの録画も観る気もなくなり床に着くって訳です。

女性は女性で、可愛くて仕方ない我が子では有るけれど“聞き分けがあるではなし”何かと言うと直ぐに泣きイライラする声が聞こえて来ます。
主婦業は休む間合いが短いと知るのだけれど、彼女にはもう一人手加減のない乳飲み子がいる。
ベビーカーを押しながら買い物先で子供に泣かれ滅入った気分になって夕方にはヘトヘトになっている訳です。
それでも、生活費を稼いでくれている旦那には夕食ぐらいつくらなきゃと我が身にムチを入れる気持ちで夕食を作り旦那の帰宅を待つ、帰って来たら子供を風呂にくらいは入れて貰おうと思いながら…

そんなのが、2年も続けばお互いに思う事は“何故、解ってくれないのだろう?”との思いは心の中に巣食うのです。

旦那は「会社の飲み会で遅くなる」と言う日が増え
奥方は「ママ友に誘われてとホテルのランチ」へ出掛ける日が増える。

スレ違い増えれば意見も刺々しくなるって訳です。
こうなれば、破局までもう一歩ですな。

何処かで、少し相手を思いやっていれば…
なんて事なのです。

緩く始めれば良かったのに、一番キツい所から大人になれない違う生き物同士が生活を始めるんだから“上手く行く筈が無い”のですよ。

4 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月13日 12:49
    なるほど、そうですね。
    それでも上手くいかせるには、お互いの感謝と努力。
    相手に求めず、自分にできることは何かを探せる関係なら、こうはならなかったでしょうか。
    この夫婦がやり直せるといいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月13日 18:32
    > mixiユーザー 
    コメントありがとうございます。

    相手に対して“敬意”って感情を抱き感謝する迄には、それなりの“人間としての成熟”が必要なのですよ。
    女性は、出産を切っ掛けに“我が身より大事なモノ”が出来て一気に大人になりますけれど、男性は“養わなくてはいけない家族”ってのを優先させる又は優先させる事を楽しみに出来る様になるには“相当の時間を要する”のです。

    それでも、詰まらない生活だと思っていながらでも毎日仕事に行き月給を稼がなきゃと思っている男性はマシな方で“自分の稼いだ金を何故自分で使えない”なんてヤツが現れると“家庭を維持出来なくなり”離婚って結末を迎えます。

    昨今、子供への虐待が多く取り沙汰されていますが“成熟しない人間が子育てに向かない”と言う悪例の最たるモノだと私は考えています。

    現代に於ての晩婚化は、男性も女性も仕事にも慣れサラリーも増え自分の時間が作れ余暇を過ごす生活を少しでも長く楽しみたいとの現れではないか?とも考えております。

    特に、男性の場合は性的願望が強かったりするのでそれが自分の自由を奪う行為だとは考えもしていませんから、そんなヤツと結婚した日には“破綻”しか待っていないのですよ。

    もし娘さんがいたとして、どう考えても良い結婚生活を迎えられない相手を連れて来ても「賛成はしないけど、ダメだと思ったら何時でも帰っておいで」と送り出しても戻って来れる場所を用意して上げる事が大事です。

    子供の虐待死の原因の多くは、最も近い筈の身内のサポートを受けれていなかったりするのですから…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月14日 00:26
    > mixiユーザー 

    同感です。
    帰ってくるなと送り出すのは昔のこと、
    今は、両手を広げて迎えられる状況を作れるでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月14日 00:56
    > mixiユーザー 
    同意の返信、有難うございます。

    両手を挙げて迎え入れるって訳にも行かないでしょうけど、迷える我が子には、帰る場所は必要だと思います。


mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する