ホーム > mixiユーザー(id:14981367) > mixiユーザーの日記一覧 > かつて自民党の田中角栄の地元の新潟県では無駄に農道もアスファルトで舗装されていたという。借金しまくって自民党利権を維持する為に無駄な公共事業をしまくった結果がコレだろ!!

mixiユーザー(id:14981367)

2017年07月17日10:57

147 view

かつて自民党の田中角栄の地元の新潟県では無駄に農道もアスファルトで舗装されていたという。借金しまくって自民党利権を維持する為に無駄な公共事業をしまくった結果がコレだろ!!

自民党の利権を解体することこそが日本を健全化するということ


旧民主党と現在の自民党どちらの財源も約50%が赤字国債なのだが

今でも民進党が政策を発表すると財源は?というが自民党が政策発表しても財源は?

といわないバカネトウヨ。


日本にとっては戦後約70年間ほぼ自民党一党独裁による利権の集中の弊害を解消し

自民党自体の日本の税金の財政支出への影響力を低下させる必要があると思います


現在の日本における税金の財政支出による利権はほぼ自民党に集中しているでしょう。


先進国において、戦後約70年で特に政権交代することなく、一党独裁が続いた国など

あるのだろうか?





考えてみれば民間では、大雑把に捉えて特定の企業の力などが大きくなりすぎると

弊害などが生まれるのでそれを防ぐために独占禁止法というものがある。



政治でもひとつの政党が大きくなりすぎると弊害が生まれるのではないだろうか?

政治の世界でも独占禁止法のようなものも新設してみたらどうなのだろうか?





■財政難で補修見送り…老朽トンネル・橋、進む撤去
(朝日新聞デジタル - 07月17日 08:04)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4671768
3 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月17日 16:31
     民主党に政権預けて良かったかって問う人がいますけど、自民党の遣って来たことの後始末も済んでいなかったわけだから、評価はできないでしょう。
     民主党も、自民党の遣って来たことは自民党で片付けさせれば良かったのに…とは言っても、民主党って自民党から逃げ出した人が多いですからね、
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月17日 19:19
    ニュースから失敬。角栄批判をされる場合には、1960年代以前の全国の道路交通事情をお調べになるとよろしいかと存じます。
    近年でこそ農地を国道が直線で横切ることもごくあたりまえの風景となりましたが、1960年代以前の道路事情は現代とは比較になりませんでした。

    https://ima.goo.ne.jp/column/article/1647.html
    https://ima.goo.ne.jp/column/article/1500.html

    いわゆる「旧道」と呼ばれる地方道路を利用されたことがあればおわかりになると思うのですが、日本列島は全国的に山や川が多いので、そこかしこ難所が多く、崖崩れや河川の氾濫で通行止めになることも当時はさして珍しくもありませんでした。

    なら、平地に横たわる農地を横切る直線的な道路を整備すればいいじゃないかというのが角栄的な発想、すなわち日本列島改造論です。角栄のお膝元である新潟からはじまり、中央分離帯のある国道はやがて全国へと広がり、一般生活道路としての利用が可能な農道も充実してきました。

    いまやそこそこの市街地で暮らしていれば、産地がどこだろうと鮮度のよい食品がたやすく手に入るようになったのはそのおかげです。
    そうした全国的な整備の恩恵を享受しながら、どこかよその地方に対しては無駄なバラマキと断じるのはどうかと思います。
    当時の時代的な背景をまったく無視し、ロッキード事件の印象だけで角栄を批判するのは、せいぜいネットくらいしか見ないで根拠も確認せずに歴史の真相を語り外国を叩くネトウヨと単に立場を入れ替えただけにしか見えません。

    どちらの方かは存じ上げかねますが、気軽にネットが利用できている以上は、お住いのご地域はそこそこ整備されていて、それはご自身にとってはごくあたりまえの日常になっているのではないでしょうか? でも、最初からそうだったのか、お近くの図書館、郷土資料館などで、お調べになるとよいかと思います。
    もしそれがあるとき、税金の無駄だからあなたの近所は直さないでもいいよねってやられたら、道路舗装のアスファルトは法定耐用年数10年。地震災害などもありますので、あっというまにボロボロになってしまうかと思います。

    さて、政治的な思想信条は個々人の考えだと思うので何も申しませんが、しかし、角栄が排除されたあとの政党を、角栄を引き合いに出して批判されている点にはいささか矛盾を感じます。

    また「独占禁止法」? おそらくは「独裁」を企図としてのお言葉かと思いますが、この国では18歳以上の全国民に、選挙権が与えられおり、投票用紙に何を書くかは各自の自由です。
    この多数決の結果で議席数が決まりますので、過去実際に、社会党と民主党が政権与党になっています。
    社会党と民主党が政権を維持できなかったのもあくまで国民の選択の結果です。

    「特定の政党による政権の長期化を防ぐことを目的に強制的に別のものと入れ替える」というのは、それこそ憲法が国民に対して保証した「思想信条の自由」への侵害かと思います。

    あるいは、日本国民で一定年齢に達しているのであれば、あなたにも被選挙権がありますので、ご自身で立候補して当選し、独自の政党を掲げて他の政党と競争することもできますね。

    なお独占禁止法は資本主義の市場経済において、公正な競争を維持するために不公正な方法を防ぐことを目的とする法令を指します。
    「独占禁止法」のもとで行われた自由競争に対して公正取引委員会が介入してくることはありません。
    儲かってる儲かってない(政党でいえば議席数)はあくまで事業者(政党)各自の企業努力の問題です。
    もし公正取引委員会が末端のエンドユーザーに対して「アレは買っちゃ駄目これを買いなさい」と強要しはじめたら、それはもう自由経済の完全否定ではないでしょうか。

    話を政治に戻すと、その「政権与党の入れ替え」を担う立場の「何か」が世の中を自由にコントロールするまったく新しい独裁が誕生するのではないでしょうか?

    と、思ったので、コメントさせて頂きました。失礼しました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する