ホーム > mixiユーザー(id:14141770) > mixiユーザーの日記一覧 > HBCラジオ「Hello!to meet you!」第72回 中編 (2/11)  

mixiユーザー(id:14141770)

2018年02月14日00:01

29 view

HBCラジオ「Hello!to meet you!」第72回 中編 (2/11)  


前編からの続きです。

状況は、ハロプロ研修生北海道リアルトークコーナーの途中で、今回のテーマ、雪まつりに関して、
この日の北研メンバー、2人が答える場面からです。

(S=沙菜ちゃん、HO=太田遥香ちゃん、RK=北川亮ちゃん、Z=北研メンバー2人)

S 「2人は〜、行ってますか〜?よく行きましたか〜?」
HO 「よくは行ってないですけど〜・・」
S 「う〜ん・・」
HO 「2年前位に〜、行ったんですけど〜!」
S 「うん!」
HO 「それが〜、人生、初です!」
RK 「へぇ〜?」
S 「エッ?・・太田は、幾つだっけ?」
HO 「14歳です!」
S 「14歳で?・・2年前?」
HO 「はい!」
S 「アレ、小っちゃい時とかは、行ってなかったんだ?」
HO 「はい!」
S 「へぇ〜?どうでしたか〜?」
HO 「うんと〜、アノ〜、雪で作った〜、雪ジョウ・・雪像〜!」
S 「雪像〜?」
RK 「雪像〜!フフフ」
S 「フフフ」
HO 「それ〜、見なかったんですよ!」
S 「エッ?・・見なかった?」
HO 「アノ〜、はい、その代わり〜・・」
S 「見なかった?・・見ないようにしてても〜・・」
HO 「フフフ」
S 「見えると思うんですけどねぇ、あの辺、歩いてると!?・・」
HO 「フフ、どうやって?・・見なかったんですよ!」
S 「はいはい、じっくりね?」
HO 「はい!」
RK 「うんうん!」
S 「はい!」
HO 「でも〜、何も覚えてないんですけど〜!」
S 「うん!フフフ」
HO 「で、覚えてるの・・」
S 「初めて行くのに見ない、って、ちょっとトンコツですねぇ?」
RK 「フフフ」(マァ、会場に行ったら、絶対、雪像は目に入りますけどね)(^^;

S 「是非、見て欲しかったですけどね!うん・・」
RK 「フフフ・・」
HO 「はい、覚えてるの、と言えば〜?」
S 「うん!」
HO 「その〜、スノーボードのジャンプ〜!」
S 「アッ!・・」
HO 「してる人〜!」
S 「ア〜!・・」
RK 「ア〜!」
HO 「・・を〜、見ました!」
S 「はいはい、はいはい!凄いよね、アレねぇ!」
HO 「はい!」
S 「大通公園に、まさか〜、あんな、山が出来て〜!」
HO 「フフフ」
RK 「フフフ・・」
S 「あんな上から〜、人が飛んで来るなんて〜!?・・」
RK 「フフフ」
S 「思わないじゃないですか〜?」
RK 「フフフ・・」
HO 「は〜い!」
S 「でも、しかも、近いよね?」
HO 「近いです〜!」
S 「選手達もね!」
HO 「雪が〜、飛んで来るんじゃないか〜?って、言う位、近い!」
S 「アハハハ」
RK 「フフフ」
S 「アッ、人ではなくて、雪のほうだったんですね?」
HO 「は〜い!フフフ」
S 「可笑しい〜!フフフ」
HO 「フフフ」
S 「そうだったんだ!でも、良かった〜?」
HO 「カッコ良かったで〜す!」
S 「成る程〜!」
HO 「で、たまに〜、転んでいる人とか、見るんですけど〜!」
S 「うんうん!」
HO 「その時、少し、笑って〜!・・」
RK 「フフフ」
S 「何で〜?」
HO 「フフフ」
S 「何で?でも〜、イヤ〜、もう、上手く滑るほうが難しいからねぇ・・と、流石、プロですよねぇ!」
HO 「は〜い!」
(マァ、このジャンプ台は、左右の通路の直ぐ、横に有るので、飛ぶ姿も間近に見れますからね)(^^;

S 「亮ちゃんは〜?」
RK 「はい、私、北川は、2つ、有るんですけど〜!」
S 「う〜ん・・」
RK 「まず、雪まつりは〜、去年、行ったコトが有って〜!」
S 「ホゥ?・・」
RK 「今年は〜、多分、行けないなァ、と思ってるんですけど〜!」
S 「だって、明日までだもんね?」
RK 「は〜い!」
S 「うんうん!」
RK 「去年は〜、アノ〜、1番、印象的だったのが〜・・」
S 「うん!」
RK 「男の子が〜、雪まつりの〜、雪、降ってるじゃないですか〜?」
S 「うん、うん!」
RK 「その雪を、凄く、美味しそうに食べてた子が居て〜!」
HO 「エヘヘヘへ・・」
S 「アハハハ」
RK 「フフフ」
S 「イヤ〜、アノねぇ、観光客の方とかは〜・・」
HO 「フフフ」
S 「有る有る話なんじゃないかなァ?とかって、思うんですけど〜!」
HO 「へぇ〜?」
S 「小さい子も、やっぱり〜・・綺麗じゃないですか!?」
RK 「は〜い!」
S 「やっぱりこう、光、当たって、ピカピカしてるし〜!」
HO 「フフフ」
S 「でも出来れば、あんまり、食べないほうがいいと思うけどね!」
(マァ、郊外とか、山の近くの雪だったら、結構、綺麗ですけどね)(^^;

RK 「はい・・で、2つ目が〜、エ〜と、私〜の、出身の蘭越に〜・・・」
S 「う〜ん!」
RK 「蘭越駅と、言う所が有るんですけど〜!」
S 「うんうん!」
HO 「う〜ん・・」
RK 「そこの〜、入り口に、雪ダルマが居まして・・2体、居まして〜!」
S 「へぇ〜、凄〜い!」
HO 「へぇ〜?・・」
RK 「その雪ダルマの〜、顔が〜、スッゴイ、コワいんですよ!」
HO 「エッ?・・」
S 「エ〜?雪ダルマ、コワいの、見たコトないから、あんまり!可愛らしいイメージって言うか、
顔とかも〜、何か、木とか〜・・」
HO 「フフフ」
S 「何かで、こう、装飾されて〜!」
HO 「フフフ・・」
S 「ちょっと、ニッコリさせるような〜!」
HO 「ア〜!・・」
S 「お顔のイメージだけど〜!そう、コワいって、どう言うコト?」
RK 「何か〜、凄い、アノ〜、やっぱり〜、たまに冷え込んだり〜!・・」
S 「うん!」
RK 「その、気温下がって、暖かくなったりで〜!・・」
S 「うん・・」
RK 「アノ〜、顔を〜、描いてるんですよね!それが〜・・」
S 「アッ、成る程ね!」
HO 「へぇ〜?」
RK 「融けてきて〜!・・」
S 「マジックとかで描いてるんだ?」
RK 「後〜、ちょっと、いたずらされたと言うか〜!フフフ」
S 「へぇ〜?」
HO 「へぇ〜?・・」
RK 「フフ、それで〜、スッゴイ、コワい雪ダルマに、なってます!」
S 「イヤ、コワい、雪ダルマ!・・」
HO 「コワそう〜!・・」
S 「駅に有るんだったら、どっか、行く時の前にね、見たら、ちょっと〜、おっかないけどねぇ!」
RK 「は〜い!」
HO 「夜とか行ったら、コワそうです!」
S 「コワそう〜!」
RK 「凄い、コワいんですよ〜!」
HO 「へぇ〜?」
(マァ、ここ数日、道内は真冬日が続いてるので、顔も融けてないと思いますけどね)(^^;

S 「それこそ、アノ、HBC〜の〜、前にも〜・・」
HO 「はい!」
S 「もんすけ、の〜・・」
RK 「見ました〜!」
S 「見た〜?」
S 「氷なんですけど〜!」
RK 「綺麗でした!」
S 「氷像、って言うんですか?氷で作られるの!フフフ」
HO 「フフフ」
S 「大人に、なっても、氷像の言い方を、確認するって言うね?・・」
HO 「フフ・・」
S 「・・が有って〜、ス〜ゴイ、もう、そのまま、もんすけ、そのままで〜!」
RK 「クオリティが、凄かったで〜す!」
HO 「へぇ〜?」
S 「高かったよね?」
RK 「は〜い!」
S 「アレ、誰、作ったんだろう?と、思って〜!」
HO 「見た〜い!?」
S 「スッゴイ、凍るから・・エッ?入口に居ましたよ〜、太田さん!」
HO 「は〜い!」
RK 「フフフ」
S 「太田君〜?」
HO 「そこまで見てないと〜・・」
RK 「フフフ」
HO 「思いま〜す!」
S 「この方、やっぱり、あんまりね、こう、周りのねぇ・・」
Z 「フフフ」
S 「その、1点集中型の〜!お方なんですよね?」
HO 「は〜い!」
(マァ、仕事に集中していて、よく見て無かったと言う感じですかね)(^^;

S 「でも、明日までの〜、開催が、雪まつりですけれども〜!大通公園も、勿論ですけど、
ススキノではね、氷で出来た、像が有りまして!つどーむ、の3会場で、全て、明日の12日までの、
開催と、なっておりま〜す!そして、1丁目には、スケートリンクなんかも有りまして〜!」
HO 「へぇ〜?」
S 「観光客の方もねぇ、お子さんも〜・・」
HO 「フフフ」
S 「ご家族の方も、凄い、楽しんでいる姿を・・」
HO 「へぇ〜?いいなァ〜!」
S 「よく見かけます。楽しそうです!」
RK 「へぇ〜!」
S 「そして7丁目は、我らが、HBCの、HBCスウェーデン広場にも、大きな〜、雪像がね、有りまして、
夜には、ライトアップも・・」
HO 「フォ〜?!」
S 「・・されて、凄い、綺麗〜!」
RK 「へぇ〜!」
S 「・・ですので、明日までの開催、是非、お時間有る方はね、行ってみて下さ〜い!
宜しくお願いしま〜す!沢山のメッセージ、有難うございました〜!このコーナーでは、引き続き、
皆さんからのトークテーマも、募集中でございますので、こんな企画、やって下さ〜い、などの提案も、
大歓迎です。是非、送って下さい。っと言うコトで、以上・・」
Z 「ハロプロ研修生北海道のリアルトークでした〜!」
(マァ、今回の札幌雪まつりも、大盛況の中、終わったようですけどね)(^^)

この後、後編に続きます。



0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する