ホーム > mixiユーザー(id:1335677) > mixiユーザーの日記一覧 > 成田ゆめ牧場RASS 7号

mixiユーザー(id:1335677)

2018年07月05日10:21

279 view

成田ゆめ牧場RASS 7号

成田ゆめ牧場まきば線に羅須地人鉄道協会(RASS)の新製蒸気機関車7号機が定期運行を始めたと知り5月下旬に久しぶりの、ゆめ牧場行きとなりました。約1ヶ月チョイ遅れ日記ウッシッシ

☆=写真拡大可

・5月27日
前日26日(土)からの定期運行ですから翌日曜日は運行2日目という事になります。RASSのHPなどで製作途中の様子が上げられてるのでだいたいの事は知ってましたが冬の終り頃から機関車の形になってきたと思ったら、あれよあれよと言う間に出来上がった感?

前回、ゆめ牧場へ行ったのは確かダージリンツアーのきっかけとなった2015年春のA氏を偲ぶ会以来・・・そんなに御無沙汰してしまってたかぁ。最近走らせる期会があまりなかったJEEPで、あえて出撃! と言ってもチョット仕事も片付けなくてはならず午後イチ到着位を目標に。

フォト

☆ まきば線に着くと遠目に6号と7号の重連運転が見えたのでラッキーなんて思いながら、とりあえず、すぐの場所でカメラを構えると・・・ありゃあ! 車庫手前で6号を切り離し7号だけの単機牽引に・・・残念!

今まで見てきた画像では無かった大きなヘッドランプが。聞けばNさんが7号製作記念にと持ってきたもので、午後の運転から取り付けたばかりとか。亀の子SL自体が漫画的形態なので大きなライトもデフォルメが効いてて良い雰囲気をだしてます。機関庫片隅でNさんから直接ランプの謂われなどの話を聞くことができました。
ちょっと意外だったのがナロー鉄道趣味界では御大と言われる様な方が数名おられましたが思ったほど他の鉄チャンを見かけません。最も1週間前に、お披露目会が行われ画像を見ると、こちらの方へ行った人も多かったようで、この日は普通のSL運転日に近かったのかも知れません。

フォト

☆ お客さんは多いので駅で乗り降りが済み次第の高密度?運行、あちこちで撮ったのを並べていくと・・・

フォト



フォト



フォト



フォト

☆ 一見木橋に見えますが中心に鉄骨が入った、なんちゃって木橋だったり。

フォト

☆ 小さな機関車ですがRASSの機関車としてはキャブ(運転室)の大きい方かな。キャブサイドの「7」も、この日に貼られたものとか。

フォト



フォト

☆ 今日は予備機になってる6号の横を7号が通過。

フォト



フォト



フォト



フォト

☆ 加糖製4tディーゼル機関車のラジエーターのダミー部分がいつの間にかありません。確かレジン製でしたしレストアから10年以上が経過してたと思いましたから仕方ないのかも・・・

フォト

ヤードのポイントも行くたびに複雑化。何だか鉱山軌道を見るようなイメージ?

フォト

☆ なんて事もない工事車と思ったてたら、よく見ると自走軌道車化。こういった魔改造と予想外の驚きが、いかにもインダストリアルナローゲージの嬉しい驚きで・・・いや、まきば線はインダストリアルじゃないって?ウッシッシ

フォト

☆ 近年増設された車庫も、早速の魔窟状態。

フォト

機関車ボイラーが幾つも見え立ち入る隙間が殆ど無いので外から眺めるだけほっとした顔

フォト

走行列車上から。

フォト

機関庫横の道具入れ、実は貨車に似せただけのものでニセダルマ? 事情を知らない人が見たら何で? となりそう。

フォト

そういえば、これを使ってるところは、まだ見てませんねぇ。これも比較的近年の設置。

フォト

☆ ここ1〜2年の間に造られた周回線。何か軌道遊び?的な計画があるようで・・・

フォト

☆ 上写真の反対側の周回線には木造桟橋が。鉄鋼が入ってない純木橋です。

フォト

荒れた線の先には荒れた軌道自転車。まきば線は現役本線の他にも、しっかり廃線(状態)も演出?されてますウッシッシ

フォト

☆ 運行を終えた7号機が戻ってきました。

フォト

☆ 7号機は完全な新製機関車となるので現時点では国内は勿論、世界最新製の蒸気機関車と言えます。燃料はオイル。

フォト

☆ 翌日からの運転の為、ディーゼル機が待機中。

フォト

☆ 機関庫前入換での機関車三重連状態。

フォト

☆ 片付け作業中の7号機。

フォト

これで春のSL運転は終了。

夏は暑過ぎるのでSLの運転はしない・・・との事でしたが7号機の問い合わせが多く、秋までの間に6回ほど午前中のみですが7号機の追加運行を行うとのアナウンスが後日されました。既に3回は運転されてますがナベトロ牽引列車を演出したりと、いつもの事ながら遊び心いっぱいのようですわーい(嬉しい顔)

日が暮れる頃にはRASSメンバー一人を近くの駅まで送り届けてから東京へ 久しぶりのJEEP旅でした。


2018年一般公開リスト
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954572447&owner_id=1335677
14 13

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月05日 18:39
    ベル(鐘)の似合うサドルタンク、良いねぇ。読んでいて気付いたけど、自分もあの時以来行ってなかった…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月05日 20:41
    なんだかK100みたいですねあっかんべー
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月06日 00:30
    こういうの見ちゃうと山奥に何千坪の安い土地を買って ミニミニ鉄道を開業しちゃう「なんちゃってトップハムハット卿」を夢見るオジさんが何人か現れるのでしょうねぇ。 ロマンだロマンだ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月06日 10:13
    > mixiユーザー 
    いつでも行けると油断してると、すぐ数年が経ってしまいますからねぇ。私メも7号機をきっかけに久しぶりの訪問となった訳でした。
    しかし走るサドルタンク機って見るのは初めてだったかな・・・と記憶を辿っていくと日光ウエスタン村は整備で居なかったしフィリピン ネグロス島ラ・カルロッタでは車庫前で見ただけだった・・・あ、インドネシアで見てた! そ〜いえばダージリンもサドルタンク機と言えなくもないしほっとした顔
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月06日 10:16
    > mixiユーザー 
    小さい機関車という意味ではK-100的かも。K-100の再現車がGWに松戸の昭和の杜で公開されてたけど、行けなかった・・・また公開やってくれないかなぁ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月06日 10:23
    > mixiユーザー 
    人の住む山奥で私設鉄道を夢見てた方がいましたが勾配などの地形の問題や、何より税金問題で実質挫折されたのを見た事があります。又、人里離れて無人になる時間が長いと部品盗難等の管理問題もありますし・・・そうゆう意味でも国内では ゆめ牧場ような場所は理想の地と言えるのかも知れません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月06日 18:04
    軌道がどんどん複雑化してますね。ここの軌道整備してるのはJRの仕事をしてる人ですよね、JRよりレベル高いよ、と笑ってましたからね。
    機関車も可愛いですねぇ、数年後にキャブが渋くなったら観たいなぁ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月07日 00:03
    こんばんは、すごく良い写真ですね。雰囲気が会って良いです。専門用語を解読できなかったのですが、運転室のことをキャブということを始めて学びました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月07日 15:13
    > mixiユーザー 
    設置が難しい筈のポイントなんかがポンポン増えてってるイメージであせあせ そこは、さすが線路のプロが一枚咬んでるからかなんて、勝手に思ってます。それもあってか、まきば線の線路って全体的に綺麗に敷けてますよね。余談ですが当日、駅に送っていったのもJR保線関係の若手だったりします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月07日 15:14
    > mixiユーザー 
    有難うございます。解説的な事は気が向いたら書くようにしてますウッシッシ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月07日 15:46
    > mixiユーザー もうちょっとヘロヘロに敷いてもらいたい、なんて思う人も居るようですね(僕もそうですけど)。キレイにヘロヘロに敷いたりとか、、
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月09日 17:09
    > mixiユーザー 
    木橋横を行く荒れた線の車両をどけて、へろへろ走行を演出するとか。絶対却下されそうですかあせあせ
    まぁ、お客さんを乗せて走るので、へろへろは大敵ですからねぇ。でも私メ的には勿論へろへろ大好きですけどねウッシッシ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月09日 18:15
    > mixiユーザー 彼らなら絶対に安全なヘロヘロとか出来そうな気もしますが、、普通のお客さんが見たら怖がるかもしれませんね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する