ホーム > mixiユーザー(id:10924749) > mixiユーザーの日記一覧 > 福島県で、五年間の手術数1082件というデータ

mixiユーザー(id:10924749)

2017年04月14日21:37

7666 view

福島県で、五年間の手術数1082件というデータ

 今日2017年4月14日の昼間、参議院の東日本大震災復興特別委員会における山本太郎の質疑を動画で聴いていて厚労省の回答に驚いた。
 2011年から2015年までの五年間で、福島県の9病院で行われた甲状腺悪性腫瘍の手術数は、1082件だとのこと。

 県外に移住して県外の医療機関で受けた手術、県内でも年間10件未満の手術数しかなかった手術については、報告を上げなくていいことになっているらしく、数はさらに増える見込みらしい。

https://youtu.be/bUPxiArFdMM
(動画 14分00秒あたりから)

 年間の罹患者数が100万人に3人と言われてきた甲状腺癌の手術が、福島県内だけで五年間に1000件を超えるとは、驚きだ。
 これまで、岡山大学の津田敏秀教授が「福島県では甲状腺がんのパンデミック」と警告を発していたが、その数は、事故当時18歳未満に限ってだが、「甲状腺癌の疑い」で2016年12月までの検査結果で、184人だった。

 それが、大人も子供も合わせた「手術数」で1082件という、まさに桁違いの数字が出てきた。
 このデータ、マスコミはなぜ騒がない?
 大ニュースではないのか?

 今後、データの内容が確認されれば、改めて報道されるかもしれない。
 そうなれば、『津田教授の疫学的分析は「誤り」だ』などと妄言を唱える者もいなくなるだろう。

 
 山本太郎が問題にしたのは、報告があげられない手術や診断数があるということ。
 下の4歳児の手術もカウントされていなかった。
 本当にこの国は、恐るべき隠蔽国家だ。

----------------【記事引用】-------------------

■福島原発事故当時4歳の男児、甲状腺がんと診断
(朝日新聞デジタル - 03月31日 21:55)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4506263

 東京電力福島第一原発事故当時18歳以下だった約38万人を対象にした福島県の甲状腺検査で、経過観察となった事故当時4歳の男児(10)が昨年、甲状腺がんと診断されていたことが31日わかった。昨年6月の県の検討委員会の発表で事故当時5歳だった1人ががんと診断されており、5歳以下では2人目。

 甲状腺がん患者を支援する民間基金「3・11甲状腺がん子ども基金」が記者会見で明らかにした。男児は2014年に受けた甲状腺検査の2次検査で経過観察とされた後、福島県立医大で15年にがんの疑いがわかり、16年前半に甲状腺の摘出手術を受けてがんが確定したという。現在は通常の日常生活に戻っている。

 甲状腺検査では昨年末時点で全体で145人ががんと確定。検討委では「被曝(ひばく)の影響は考えにくい」として、理由の一つに、チェルノブイリ原発事故後にがんが多発した5歳以下で、ほとんど患者が見つかっていないことを挙げる。

 検討委には2次検査でがんの疑いが見つかったケースが報告される仕組みで、男児は報告対象ではなかった。県立医大は「一般の診療情報なので報告しなかった」と説明するが、同基金は「経過観察の結果がわからなくなり、報告に入らないのは問題だ。(被曝の影響は考えにくいとする)根拠が揺らいでいる」と指摘する。

 検討委の成井香苗委員(臨床心理士)は「事故影響を正しく判断できない」と指摘。複数の委員が「報告対象に加えるべきだ」と話す。県の県民健康調査の担当者は「こうした事例があることは把握している」とした上で「検討委でどのように扱うか議論があると思う」と話している。(奥村輝)
14 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年04月15日 09:49
    5年間で1000件超えという事実に絶句しました…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年04月15日 13:03
    > mixiユーザー 
    まず謝らなければならないのは、全年齢の罹患率で全国平均が、100万人に3人程度、と書きましたが、これは若年層の罹患率で、全年齢でいうと、10万人に15人程度だそうです。(男5人、女10人くらい)
    http://www.kojosengan-hhc.jp/about/about02_01.html

    申し訳ありません。私は少し誤解していたようです。

    それでも、福島県は人口が190万人くらいですから(今年三月末時点で189万人)、「罹患者数」でいうと、全国平均に倣えば、285人程度が平均的な数になりそうです。

    これに対して、福島県の9病院の「手術数」は1082人ですので、一年あたりの平均でいえば216人。
    多いとも少ないとも言えない数です。

    ですから、2011年3月当時に福島県在住だった住民の罹患率・手術率の動向を見るためならば、他にもデータが必要になります。

     まず、1082件という数は9病院で行われた手術数に過ぎませんから、ほかの小さな病院で行われた手術数や、県外で行われた手術数も足さなければなりませんし、2011年以降に福島県に移住してきて手術した人の数を差し引かなければなりません。

     さらに、5年間のどの年度が何人かという内訳、在住地域ごとの内訳も見なければなりません。

     これをニュースにするにはまだまだ調査が足りないようです。

     我ながら驚きすぎてしまったのですけど、でも、数字として多いのか少ないのか、原発事故の影響があったのかなかったのか、専門家の調査を期待しています。
     動揺してしまい、申し訳ありませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月11日 12:40
    恣意的なデマですね。以下、転載致します。
    ----------------------------------------

    比較例として、福島県の人口(約190万人)と一番近い
    岡山県(約191万人)の甲状腺悪性腫瘍データを比べてみよう。

    平成24年度(1年間)のデータである。

    岡山県 倉敷中央病院 148
    岡山県 岡山大学病院 66
    岡山県 川崎医科大学附属病院 47
    岡山県 岡山医療センター 38
    岡山県 岡山済生会総合病院 20

    以上、合計で5病院で319件である。
    1年間でこれだから単純に5倍すれば【5年間で1595件】となる。

    同じ人口比で言うなら福島県は岡山県の3分の2でしかない。

    -----------------------------------------
    参考の為に同じ年(平成24年度)の福島県はどうか?

    福島県 福島県立医科大学附属病院 46
    福島県 総合南東北病院 38
    福島県 白河厚生総合病院 21
    福島県 会津中央病院 19
    福島県 星総合病院 18
    福島県 大原綜合病院 18
    福島県 竹田綜合病院 14
    福島県 福島労災病院 13
    福島県 太田綜合病院附属太田西ノ内病院 12

    以上、9病院で合計199件。
    5倍すれば995件となり、質問者が引用した山本太郎の国会質問と
    ほぼ数では一致する。
    なお、これらのデータは『1年で10件以上の治療実績が有る病院』
    を拾っており、9件以下はカウントしていない。

    このように、『福島県の数だけ抜き出して多いように錯覚させる手法』は
    デマ屋の常套手段である。

    更に言うなら、人口で福島県の約 6.8倍である東京都では
    32病院で2785件(1年間)で、5倍すれば13925件になる。
    これを人口比で補正すれば『福島県995:東京都2047』となり、
    実質的に東京都は福島県の2倍の罹患率が有るという数字になる。


    まったく唾棄すべきはこういうデマ野郎!そして山本太郎である!

    遠く離れた 福岡県 の事例(平成24年度・人口約509万人)

    福岡県 九州大学病院 210
    福岡県 原三信病院 71
    福岡県 久留米大学病院 55
    福岡県 北九州市立医療センター 49
    福岡県 福岡和白病院 36
    福岡県 産業医科大学病院 35
    福岡県 飯塚病院 33
    福岡県 九州がんセンター 29
    福岡県 福岡大学病院 25
    福岡県 浜の町病院 22
    福岡県 九州病院 17
    福岡県 済生会福岡総合病院 16
    福岡県 福岡赤十字病院 13

    合計 611件(5倍すれば3055件)

    人口比で言うと、
    福島県は100万人辺り105人/年。
    福岡県は100万人辺り120人/年。

    ここでも福島県の方が少ないのである。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月11日 14:49
    > mixiユーザー 

    データをいろいろありがとうございます。
    解答は、すぐ上のコメントに出ていますので、ご参照ください。
    いまのところ、これらのデータは全てゴミです。

    結論から言えば、手術数9件以下の病院の分、年ごとの変遷、地域分布などを調べなければ、福島県で全年齢で異常が起きているかどうかはわかりません。

    それに、山本太郎は、これが多いとか少ないとかは言ってません。私が勝手に解釈しただけです。
    よく読んで下さい。

    ただ、福島県の甲状腺検査のデータを見る限り、事故時に18歳以下だった子どもたちに甲状腺の悪性腫瘍が異常発生していることは間違いありません。さらに、そのデータも不完全で、経過観察だった子供に悪性腫瘍が発生した分が加算されないなど、「隠蔽」としか見えないことが起きています。

    福島県では、これからまだまだ出てきます。
    山本太郎が言っていることは、「福島県で検査・治療体制を整えよ」というだけのことです。
    これは「結果が出てからでは遅いから、予防的に対策を立てよ」という予防原則で、疾病対策の基本です。

    デマかどうかは、状況をよく見てからご判断を。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月11日 21:07
    早々にご返信ありがとうございます。
    また、私の突然の投稿については失礼致しました。

    シュウさんはネット上で以前良く見た煽り目的のデマ屋で
    無いことは承知致しましたが、率直に言って少しピントが
    ずれてるように感じます。

    「若年層に甲状腺がんが異常発生」と思われてるようですが、
    では何故、福島県内では県民が騒いでいないのでしょうか?
    それは異常発生と騒ぐのは大方が県外の傍観者であって、それらの
    人々はほとんどが基本的な「有病率と罹患率」の違いさえ理解してません。
    私は関東の人間ですが、何度か福島県に伺い、関東と福島で得られる
    情報量の差には驚くほどの違いが有る事を学びました。
    現地のテレビや地場新聞での発信量が全く違う訳で、これでは
    県外の人々が色々と誤解するのも仕方がないかなと感じてもいますが。

    もし本当に福島県で甲状腺がんが異常発生し、県民がその影響を
    懸念するならこのようなニュースは出て来ないはずです。

    【福島、出生率の伸び全国最大 14年 】↓
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO87758140V00C15A6L01000/

    また、「隠蔽」だとか「福島で検査・治療体制を整えよ」等という
    意見に関しては、「この人達、福島県が公表してる健康調査の
    中間報告や議事録を読んでいないのか?」という疑問しか
    出て来ません。山本太郎でさえ、とても真面目にこういった資料を
    読んでいるとは思えず、周りにいる手軽なダイジェスト的な情報を
    啄んでいるとしか思えないのです。まぁその点は山本氏に限らず、
    多くの国会議員も詳細まで読み込んでいる時間は無いかもしれませんが。

    なんせ資料自体が非常に膨大なので、今になって最初から読み込むのは
    けっこう大変な作業になりますね。ただ、これを読めば山本氏が言う
    「体制を整備しろ。」的な意見には非常に違和感を覚えてしまいます。

    「県民健康調査」検討委員会
    http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/kenkocyosa-kentoiinkai.html
    http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/kenkocyosa-kentoiinkai-24.html

    それと、シュウさんが仰っている
    >>手術数9件以下の病院の分、年ごとの変遷、地域分布などを調べなければ、
    >>福島県で全年齢で異常が起きているかどうかはわかりません。

    このような点は枝葉末節だと思います。
    これを調べるなら全都道府県データで同じ調査を要しますが、
    そこまで公表されてないですし(年毎は公表されてますが)、
    例えば福島県の「病院別件数」を見て、空間線量が低いはずの
    会津(会津中央・竹田総合)、中通南部(白河)でも相応に
    患者数が多いという数字から推定するしかありません。

    この件に関しては離し始めると止まらなくなるのでこの辺で
    止めておきます。お騒がせしました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月13日 07:48
    > mixiユーザー 

    いろいろサイトのごしょうかいをありがとうございます。

    1.なぜ福島県民は騒がないか。

    単純に情報弱者だからです。
    わたしは現在福島県いわき市の実家に滞在していますが、新聞やテレビは空間線量がいかに低いかしか伝えません。県庁発信の情報もそれだけだし、県立医大も甲状腺癌が原発事故とは無関係だと言い張っています。それでは、ネットを見ない人たち、ネットを見ても、原発事故の現場の至近に住んでいることを忘れようとしている人たちには、何もわかりません。
    つい先日、浪江町の放射性物質で汚染された山林で火事がありました。そのとき、東電の元職員の方などが、大気中に再放出される放射性物質に注意するよう呼びかけた情報を、福島民友は「信頼性の低い」と決めつけていました。
    http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170509-170433.php

    しかし、実際に大気中の放射性物質の浮遊量は上がりました。
    https://mainichi.jp/articles/20170510/ddl/k07/040/020000c
    計測していない場所ではもっと多いかもしれない。

    この変化を危険と見るかどうかは人によるでしょうが、少なくとも県庁やマスメディアといった公的な立場からは、予防原則から、「不要不急の外出は避ける」「外出時は二重マスク着用」といった基本的な注意を呼びかけるべきでしょう。
    福島県の公的部門は、そういうことをやりません。あくまでも「福島県は安全です」と呼びたいのでしょう。
    アホです。そんな情報隠しと見られるようなことをやっているから不信を招いて福島県に人が戻らないのです。

    2.福島県が公表している報告
    膨大な量の資料は読む価値があるかどうか、読んでみなければわからないわけですが、あなたはお読みになったのでしょうか。
    わたしはもちろん読んでいませんが、 読む必要があるのならば、そう主張する方が、その資料に基づいて、引用して議論にお持ち込めばいいだけのこと。必要もないのに膨大な資料を読むのは無駄です。
    あなたが資料を引用した時にはその部分を読みましょう。
    議論に有効な情報があるのならば、そう主張する方がその部分を紹介して、「あなたは間違っている」と言えばいいだけです。そういう人にはお会いしたことがないですね。

    3.地域別・年齢別データ

    全都道府県のデータを見る必要はありません。
    福島県についてだけ、事故前からのデータをみて、年ごとの変遷を追っていけばいいだけのことです。同じ地域の方が他の因子を考慮する必要がないので、有効な分析ができるでしょう。

    4.空間線量が低いはずの会津・中通り南部でも相応に患者が多い

    この分析も無意味です。

    甲状腺癌に数的な影響を与えるとしたら原発事故しかありませんから、2011年3月11日から1ヶ月、どこにいたか、外にいたか、が最大の問題です。

    もっとも被爆したであろう帰還困難区域の人々は、もはやその場所におらず、いわき市、会津、中通り南部に避難していますので、そこでの手術数にどれくらい被曝者が含まれているか全くわかりません。
    事故直後の滞在場所を把握して検査し、分析しているのは18歳以下の子供たちについてだけなのです。この辺りがもう、国や福島県にやる気がない証拠です。

    いろいろデータをご紹介していただきまして、私も勉強になりましたが、基本的に国や県が加害者であり、被害が顕在化することを恐れている主体であるというご認識がないので、こうした甘い見方になるのかと思います。もっとシビアに事態をご観察ください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月13日 08:59
    > mixiユーザー 

    「1.なぜ福島県民は騒がないか。」について、一つ訂正します。
     「単純に情報弱者だから」というのは間違いです。
     もちろんそういう人もいますが、情報弱者でない人、むしろ情報強者であっても、口をつぐんでいるからです。

     「本音を言えば叩かれる」・・・そういう空気に福島県がなっているからです。

     先に挙げた福島民友の記事のように、汚染された山林が家事になったとき、当然に注意しなければならないことをネットで発信すると、「デマ」とか「信頼の低い」といったレッテルを貼って、攻撃します。
     一般の人は、そういういざこざが嫌なのです。福島県に住む以上、周囲の人とうまくやらなければストレスが大きくて辛いから、言いたいことがあっても口をつぐみます。だから福島県民は騒がないのです。

     情報弱者とこちらと比べると、たぶんこちらのほうが多いと思います。
     福島県民は馬鹿じゃない。他の都道府県に比べたら、よほど原発や放射性物質について勉強しています。

     以上、訂正でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月17日 14:35
    しばらくぶりに寄せて貰いましたが、なんかシュウさんも
    他人を批判する割に正確な情報は避けて通ってるようですね。
    この際ですが浪江町の山林火災の話をしてるんではありません。
    あなたが東電社員の話を信頼するかどうかなどどうでもいい。
    あなたに限らず福島県民は東電からの情報など無批判に信用
    しないでしょう。

    甲状腺検査の報告書は読んでいないのですね。

    >>県立医大も甲状腺癌が原発事故とは無関係だと言い張っています。

    こんな事は言ってませんよ。これはそれこそ、デマ屋が
    そう言い張ってるだけです。調査委員会と言いますか、
    県立医大の鈴木医師をはじめとする委員たちは
    『放射線との関連性が認められない。』
    『今後も注意深く見守っていく必要がある。』と言ってます。
    これは報告書を読めば分かる事です。

    甲状腺ガンと放射線が関係あるとするなら、その証拠を
    見出さなければなりません。それが見当たらないから
    「関連性が見つけられない。」と言っているのであって、
    貴方が言うように『関連性が無い!』と断定などしていません。

    よくデマ屋がいう事は、見当たらない事を「隠蔽してる。」と
    決め付けます。だが、その隠蔽してるはずの証拠を出してきた
    試しが無い。調査委員会の結果が自分の考えと違うとなると
    常に「隠蔽してるのだ!」で片づけて終わりです。
    調査委員会はここまで議事録を公開しているのに、です。

    シュウさんもこういう記録は読みたくないのでしょう。
    その為の言い訳じみた言葉は虚しいだけですよ。少なくとも
    あなたは他人を「情弱」呼ばわりする資格は有りません。

    何処かから正確なデータを持ち出すでもなく、東電や関係者側
    から出てくるデータは全て否定し、自分に都合の良いデータだけを
    拾い集めて来るのではその辺のデマ屋と変わりませんよ。

    福島県民はバカじゃないというのは100%同意します。
    他府県に比べて比べ物にならない位の知識を持って居る事も
    承知しています。信用してるからこそ私は自分の住処(埼玉県)でも
    福島の米は進んで買いますし、夏に出回る桃は福島の「あかつき」を
    指名買いします。福島の出す検査データは無批判で信用します。

    あなたは「県民が口をつぐんでいるから。」と言いますが、190万県民が
    申し合わせたように誤魔化せると本気で思っているのですか?
    あなたは福島県民である事を免罪符に勝手な事を言ってますが、
    残念ながら私はあなたが「福島県民として」言う意見には反対です。

    確かに県民の中には貴方のように批判だけに精を出す人々の
    存在も知っています。「自主避難」と称して批判と根拠なき風評を
    撒き散らしてるのも元々は福島県民です。

    話は戻りますが、甲状腺がんに関する調査報告は非常に
    膨大です。初めから終わりまで読むのは今となっては苦痛かも
    しれません。でも、この議事録を読まずに新聞のわずかな記事で
    批判的な能書きを垂れるのは明らかに間違っているのですよ。
    貴方は「じゃあ当該箇所を引用しろ。」と言いますが、報告書は
    文字のみならず、膨大なグラフ・表にまとめられています。
    これらを「引用しろ」などというのはあなたの逃亡でしかありません。

    例えばですが、あなたが上の発言で指摘している、

    >>もっとも被爆したであろう帰還困難区域の人々は、
    >>もはやその場所におらず、いわき市、会津、中通り南部に
    >>避難していますので、そこでの手術数にどれくらい被曝者が
    >>含まれているか全くわかりません。

    こういう、「分からないから嘘だ。」という視点でしか見ないから
    正しい分析が出来ないのです。私が最初に引用した福島県や
    岡山県・福岡県の罹患率の相違というのは、県別で比べても
    福島県は多くないですよね?という問いかけです。
    会津のデータに大熊町の人が含まれていたからと言って
    総体が変わる訳ではないのですよ。どの県と比べても福島県の
    悪性甲状腺腫は少ないのが厳然たる事実なのです。
    その事実を認めたくないから「いや、浪江の人は郡山に居るし・・」
    なんてのは論点をずらしているだけです。分からないから嘘だと
    いう、それこそ情弱と呼ばれても仕方のない戯言です。

    失礼な書き方が有ることについてはお詫び致しますが、
    どうにもこういう表現にしないと却って私の意思は伝わらない
    ものとしてご容赦下さい。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する