ホーム > mixiユーザー(id:10857363) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:10857363)

日記一覧

「カピタン」研究(26)
2016年04月30日22:55

§3 さて、中出氏の投じた石に対してさっそく反響があった。それも爆弾のような。173号[70-6]の「バカ詰一束」である。内容は花沢・松井両氏の「落穂ひろい」に対する早詰指摘(前述)と新題の発表。花沢正純氏の5〜7手の妙手型短編4題と加藤徹氏の何と驚く1

続きを読む

「カピタン」研究(25)
2016年04月29日22:07

§2 ほぼ7年の空白の後、ばか詰を紹介し大発展の火つけ役をはたしたのは中出慶一氏である。氏は169号[70-2]に「落穂ひろい」と題した文を書き、その中で新作ばか詰を6題発表した。作品としては初期のに似て裸玉を歩で追いかける式のものが多いが、これが異端

続きを読む

「カピタン」研究(24)
2016年04月28日22:12

第1章 「ばか詰教室」以前§1「ばか詰教室」が花沢正純氏の担当によって詰パラ誌上に登場したのは通巻190号[71-11]でした。これが公式な認知の日です。しかしばか詰そのものの起源は古く、カピタンの記述によればそれより10年前、通巻67号[61-8]でS・オギノ

続きを読む

「カピタン」研究(23)
2016年04月27日22:46

 これからしばらく、カピタン17号(昭和55年4月)を読んでいこうと思う。この号の目玉商品は、泰永三二朗氏の筆による「幻想詰将棋型録」だ。レポート用紙に丁寧な手書きでぎっしり8枚分。読んでもらえばすぐに分かると思うが、フェアリー詰将棋に対する愛情

続きを読む

(43)Michel Caillaud(Problem Paradise 10-12/2002)Proof Game in 12.5 moves(14+15)b)Pg6→g5(44)Theodor Tauber, Michel Caillaud(The Problemist 1991)SH#3 (14+11)A Posteriori 例えば「もし白(又は黒)のcastlingが可能ならば、直前の手はPのdouble st

続きを読む

(40)Michel Caillaud (Diagrammes 1979, dadicate to G.Yacoubian)SH#15 (5+10) 何しろ白は最後に1手しか指せないので、詰め上がりはPb3/Kc4しかありません。しかし、すぐに1-2.Ra8-a3-xb3?とすると、この局面において直前の白の手が存在しません。 そこで

続きを読む

「カピタン」研究(22)
2016年04月21日22:50

5、性能の変更(顱法θ方桂…K4-4 のように、将棋駒を性能を変えて使用するもの。・スピード将棋…K6-1・オールナイト将棋…歩は全て八方桂である。二歩はかまわない。打歩詰は禁。・新日本将棋…金銀はその動ける方向に2マスまで(1手で)動ける。桂は八

続きを読む

「カピタン」研究(21)
2016年04月20日22:52

3、盤の性質の変更 前号詰コでドーナツ盤の問題を出題しましたが、ルールがさっぱり分からない、という人もいて、説明不足でした。 左図のように円筒の上に将棋盤を書いたと考えて下さい。9筋は1筋の隣にきて、実際に隣の筋であるように、その間を動けると

続きを読む

「カピタン」研究(20)
2016年04月19日22:46

 今日から数回にわたり、カピタン15号を読んでいきたいと思う。この当時(もう40年近く前だ)考えられていたフェアリー詰将棋のほぼ全域が網羅された以下の文章を読んで、現在までに追加された駒や条件について思いを巡らすのも一興だろう。----------------

続きを読む

(40)Michel Caillaud(Diagrammes 1979,dadicate to G.Yacoubian)SH#15 (5+10) Series系では基本的に一方だけが連続して着手し、最後に1.0手で詰める(あるいは詰められる)ことができる局面を構成することが目標となります。最終手を除き、連続着手の途中で

続きを読む

(37)橋本 哲(Problemesis 12/1999, 2nd Prize)Proof Game in 12.0 moves(15+14) なくなった駒は白がP1枚で、黒はQPの2枚。また盤面配置を作るのに白は5手、黒は(castlingをしても)10手。更に、白Pf6が同じ筋の黒Pを取っているのも明らかですから、これで

続きを読む

温故知新(519号-02)
2016年04月16日22:13

 今日は「神無一族の氾濫」から、双裸玉を3題紹介したいと思う。神無次郎、神無大九郎対面バカ自殺詰 12手(詰パラ 平成11年6月号)46銀、45飛、同玉、28玉、98飛、97角、37銀、36飛、97銀、88角、82角、81桂迄12手詰。 何の仕掛けもないところから、あれ

続きを読む

温故知新(519号-01)
2016年04月15日22:48

 今日読んでいるのは、詰パラ519号(平成11年6月号)。順位戦から2作紹介することにしよう。小林敏樹(詰パラ 平成11年6月号、第38期看寿賞)37銀打、イ同飛成、A49香、ロ48龍、同香、36玉、32飛成、同馬、33飛、同馬、37金、同桂成、54馬迄13手詰。イ同桂

続きを読む

「カピタン」研究(19)
2016年04月13日22:59

 今日は、カピタン8号から加藤さんの作品を2作紹介しよう。加藤 徹ばか自殺詰 18手(カピタン8号 昭和52年3月)91飛、92角、同飛成、93銀、11角、22角、同角成、33飛、44角、55金、93龍、同飛、55角、66飛、98金、同飛生、88銀、同飛成迄18手。 成生非限

続きを読む

(37)橋本 哲(Problemesis 12/1999, 2nd Prize)Proof Game in 12.0 moves(15+14)(38)Julio Alberto Pancaldo(feenschach 01-03/1977)H#2.5 Grid Chess(11+12)b)Orthodox Grid Chessというのは「着手は双方とも、必ず盤上に引かれた太線(=grid)を跨がなく

続きを読む

(34)Josef Haas(Die Schwalbe 20 04/1973)白が1手戻し、それから#2にせよ(8+10) なくなった駒は白がRBBSPPPPの8枚で、黒はQRBBSPの6枚。白側の駒取りはe筋のPによる4枚と黒Bf8の合わせて5枚が判明していて、黒側の駒取りはPによる3枚が分かっています。 と

続きを読む

高坂 研(Problem Paradise 68, 2015)Type B合法な局面を構成せよ。必要があれば盤面を回転してもよい。(簡単の為、以下では基本的に平仮名とカタカナを区別せずに表記することにします)「い」〜「か」は生駒。また「い」「う」「え」「か」はどれも足す

続きを読む

 盤面の回転についても触れておきたいと思います。どうもこの条件は解答者の評判が良くないのですが、そこには一つの誤解がある様です。つまり「どれが正しい向きなのか分からないまま解くとなると、散々悩まされた挙句に『その向きでは解がない』ということ

続きを読む

例題7 まずは、玉を見つけることが先決です。盤面をよく見ると、「く・ク」が玉であることが分かりますね。また、持駒にある「あ」〜「か」は勿論生駒です。 さて、ここで「キ」に着目してみましょう。もしこれが成駒であれば、52の先手玉に不可能両王手を

続きを読む

(34)Josef Haas(Die Schwalbe 20 04/1973)白が1手戻し、それから#2にせよ(8+10)(35)Michel Caillaud(G.Donati 50th JT 12/2003, 1st Prize)Proof Game in 15.0 moves(13+15)(36)Raymond Smullyan(The Chess Mysteries of Sherlock Holmes 1979)Monochrome Che

続きを読む

(31)Michel Caillaud(Orbit no.15, 2002)Proof Game in 14.0 moves(15+14) なくなった駒は白がSのみで、黒はQBの2枚。黒Bf8は不動のまま取られているので、白Pb3が取ったのは黒Qですね。手数計算をしてみると、白は盤面配置を作るのに10手、黒は8手かかりま

続きを読む

 そろそろ、今迄より使用枚数が多いものにもチャレンジしてみましょう。既に何度も出てきた「不可能局面」の概念に加えて、持駒や使用枚数もヒントになってきますから、多いからといって難しいという訳でもありません。この辺は詰将棋と同じですね。例題6 

続きを読む

例題4「あ・ア」が玉なのはいつも通りです。ここで、まず「う」に着目してみましょう。これはまだ何の駒か不明ですが、いずれにせよ後手玉に王手をかけていますから、「い」は王手をかけていません。(もし「い」でも王手をかけていると、不可能両王手になっ

続きを読む