ホーム > mixiユーザー(id:10857363) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:10857363)

日記一覧

「カピタン」研究(88)
2017年02月28日22:19

 なにやら訳の判らぬSeparationも、次の例題を見て頂ければ「なるほど、Separationとはいう云うことか」と感心されるかもしれない。これもSeparationの一表現形式である。いかにも様式の曲詰的な作品ではある。(C)Arthur Robert GoodersonAmerican Chess Bul

続きを読む

「カピタン」研究(87)
2017年02月27日22:57

 今週読んでいくのは、カピタン37号(昭和62年5月号)。いよいよ2手詰の世界も佳境に入ってきたようだ。早速引用しよう。-------------------------------------------------------チェスプロブレムの世界(4) 門脇芳雄 今回はいよいよ2手問題の本格的な

続きを読む

Retros on Weekends(07)
2017年02月25日22:48

(6)Niels Hoeg(Die Schwalbe 1935)白Rを10枚加えて、黒から#1にできる局面を構成せよ (2+10) 白Rを10枚追加した局面は白駒が12枚で、黒駒は10枚。明らかに、白は8枚のPを全て成っている。白側の駒取りは6枚であり、このうちa-b筋の白Pを成るのに3枚、そしてg

続きを読む

「カピタン」研究(86)
2017年02月24日22:24

2)Queen's CrossとRoyal-Kingの組み合わせ 最終手、12通り(理論的最大値)のQを動かしての詰め方を演出する作品を12 QueenまたはQueen's crossと云う(前述)。同様に、最終手、攻方Kを動かして、開き王手で敵Kを詰め上げられる最大数は6通り。これを達成し

続きを読む

「カピタン」研究(85)
2017年02月23日22:14

6)逆王手(Cross-Check) チェスプロブレムでも「逆王手」の応酬は魅力あるテーマである。逆王手とその切り返しはスリルがあり、大変ポピュラーなテーマである。キーを分かりにくくするし、解答者をハッとさせる効果も大きい。しかし2手問題で逆王手を「メイン

続きを読む

「カピタン」研究(84)
2017年02月22日23:00

4)玉の逃げ道に関するテーマ 玉の逃げ方も興味深いテーマである。 玉の逃げ道の数が多いのが狙いと云うだけの作品もあるが、テーマとして美しいのは玉の逃げ方に趣向性を持たせたもので、例えば、玉が斜め4方向に逃げ道を持つ場合(Star-flightと云う)とか

続きを読む

「カピタン」研究(83)
2017年02月21日22:40

 以下の説明は、M.Lipton, J.Rice, R.C.O.Mathewsの共著「Chess Problem : Introduction to an Art」(CPIA)の解説順によるが、例題の大部分は他の著書からピックアップしたものである。チェスプロブレム2手問題のテーマ  現代の2手問題は、たいてい何らか

続きを読む

「カピタン」研究(82)
2017年02月20日22:49

 カピタン34号と35号には「チェスプロブレムの世界」は載っておらず、3回目の原稿が載ったのはカピタン36号(昭和62年3月号)。33号から1年ほど空いているが、この号から門脇氏の原稿もワープロ書きになっていて、時代を感じさせる。-----------------------

続きを読む

Retros on Weekends(06)
2017年02月18日22:47

(5)Werner Keym (Die Schwalbe 1 10/1969)#1 b)Sd8→R (14+12) まずはa)から考えてみよう。なくなった駒は白がRSの2枚で、黒はBSSPの4枚。白の駒取りはb筋で2枚、Pd7で2枚の計4枚。黒はa筋のPによるものが1枚と、h筋の黒Pがg1で成るために1枚。双方ともこれで

続きを読む

「カピタン」研究(81)
2017年02月17日22:37

(5)記録詰派(Task Problem)「3手」でどんな事ができるか、記録達成を狙うのである。メカニックなためか、一見華やかに見えるが、チェスプロブレムの本流ではない。理論的に限界が分かっている条件達成問題と、どこまで記録が伸びるか分からぬ記録挑戦問題

続きを読む

「カピタン」研究(80)
2017年02月16日22:46

(4)構成派 詰将棋の趣向詰が同一手順の繰り返しで面白さを表現するように、チェスプロブレムも同一の構想を反復表現することにより美しさを表現しようと云う傾向が前世紀の末頃から生まれた。この流派の主流は英国で、しかも2手詰に於いてその進歩が著しい

続きを読む

「カピタン」研究(79)
2017年02月15日23:02

(3)ボヘミヤ派 チェコ、ハンガリーなどボヘミヤ地方では、Modelmate(清楚詰の一種)が古くから流行した。これをボヘミヤ派という。Modelmateの美しさはいぶし銀とも云えるもので、古来根強いファンが多い。 Modelmateには厳格な定義がある。ゝ擁は全駒

続きを読む

「カピタン」研究(78)
2017年02月14日22:40

(2)構想派 狙いの一貫した構想型の作品で、ドイツ人にこの流派の人が多い。これも古くからある作風で、次の例題のように一つしか狙いのない作品は旧式の作風である。詰棋人の習作は、このタイプの作品が圧倒的に多い。(C)Henry Augustus Loveday, 1845#3(8

続きを読む

「カピタン」研究(77)
2017年02月13日22:28

 今日からは、カピタン33号(昭和61年2月号)を読んでいこう。お目当ては勿論「チェスプロブレムの世界」だ。-------------------------------------------------------チェスプロブレムの世界(2)―3手問題について―  門脇芳雄 チェスプロブレムの中で

続きを読む

Retros on Weekends(05)
2017年02月11日21:06

(4)Michel Caillaud(Marco Bonavoglia 60 JT2014, 1st Prize)Proof Game in 12.5 moves (15+14)2sols. なくなった駒は白がP1枚のみで、黒はP2枚。また、盤面配置を作るのに白も黒も5手かかる。白の駒取りの形跡がg3に残っているが、ここから黒のCeriani-Frol

続きを読む

「カピタン」研究(76)
2017年02月10日22:46

(G)1.Qb7! zz1...Kd3/Kd5/Kf-/c2/d3 2.Qb1/Sf6/Rf6/Rf6/Rc4#(H)1.Ke5! (2.Kd4#)1...Rxe4+/Se3/Bf2/Bh4/Bxf4+/Qxf6+/Qxg6/Qa7/Rxe6+/Ra82.Kxe4/Sxg3/Rf5/Rxh4/Kxf4/Kxf6/Qxg6/Qf5/Kxe6/Bg4#(I)Try:1.Se4?(2.Qd4/Rd4#)1...Qb2/Qg7 2.Sc3/Sf6# but 1...Rxf5!Key:

続きを読む

「カピタン」研究(75)
2017年02月09日22:21

2-3 その他(実はこれが本当の妙手) 驚いてはいけない。これまで挙げた妙手は、チェスプロブレムの立場からは程度の低い妙手なのだ。チェスプロブレムの作者は、もっと深みのあるエレガントな手を「妙手」と評価するのである。 B.Hearleyによると、「チェ

続きを読む

「カピタン」研究(74)
2017年02月08日22:45

2-1 捨駒(Sacrifice) チェスプロブレムでも捨駒はよく現れるテーマである。何れも2手問題で、「捨駒」のヒント付きだから解いてみて頂きたい。(A)William MeredithDubuque Chess Journal 1886#2 (8+5)(B)Benjamin Glover LawsNorthern Figaro 1888, 1st Pri

続きを読む

「カピタン」研究(73)
2017年02月07日22:14

 今日読んでいるのは、カピタン32号(昭和60年11月号)。この号から、門脇芳雄氏による「チェスプロブレムの世界」が始まっている!私もコピー版で持ってはいるが、Qa1のことを88女というような表記がかえって分かり難く、正直余りちゃんと読んではいなかっ

続きを読む

「カピタン」研究(72)
2017年02月06日22:56

 前回まで読んでいたのがカピタン25号。26号以降も目を通してみたが、メビウス盤、5五将棋、軍隊将棋、ブラックホール将棋…と延々フェアリールールの将棋ばかりで、正直興味をそそられるものはないのでしばらく略。 尚、カピタンは昭和57年12月に30号が出

続きを読む

Retros on Weekends(04)
2017年02月04日23:10

(3)Raymond Smullyan(The Chess Mysteries of Sherlock Holmes 1979)白Bの正しい位置はe3,e4のどちらか?(4+1)Monochrome Chess これは「シャーロックホームズのチェスミステリー」からの引用。この本の中で、ホームズはワトソンに対し「Monochrome Chessだ

続きを読む